白ナンバー車のアルコールチェック義務化について


2022年4月より改正道路交通法施行規則が順次施行され、いわゆる白ナンバー車にもアルコールチェックの義務化がされることとなります。


義務化対象となる事業所

・乗車定員が11人以上の自動車が1台以上
・その他の自動車5台以上


義務化される内容

〇2022年4月1日より
 ・運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること
 ・酒気帯びの有無について確認し、記録を1年間保持すること
〇2022年10月1日より
 ・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと
 ・アルコール検知器を常時有効に保持すること



システムプリンター
デジタルタコグラフ
納金機